Just another WordPress site

日本のヘッジファンドをランキング形式で紹介!【2018年最新版】

日本の優秀なヘッジファンドランキングはこれだ!

ヘッジファンドランキング.netへようこそ!

このサイトは国内のヘッジファンドランキングをはじめ、ヘッジファンド投資の始め方、また投資信託に関する知識についてもまとめています!

「ヘッジファンド投資を始めたいけど、どのファンドが良いのか分からない…。」

「ヘッジファンドを選ぶ時は何を見ればいいの?」

ヘッジファンドへの投資を考えている方はこのような疑問を抱いてませんか?

そこで当サイトは国内の優秀なヘッジファンドをランキング形式で紹介し、またファンドを選ぶ際に見るべき5つのポイントについても解説します!まずは気になるランキングからチェックしていきましょう!

ちなみに「そもそもヘッジファンドとは何?」「投資信託についてまず知りたい!」という方はこちらのページへどうぞ!

⇒ そもそもヘッジファンドについて知りたい方はこちら

⇒ まず投資信託について知りたい方はこちら

さらに詳しい情報を取りたい方は、管理人も参考にしているヘッジファンド・投資信託サイトのリンクを以下に記載しておきますので、そちらもあわせてのぞいてみてください!
管理人も絶賛するヘッジファンド・投資信託サイトはこちら

ヘッジファンドのおすすめランキングを大公開!

日本では数少ないヘッジファンドですが、その中でも管理人が厳選したヘッジファンドをランキング形式に紹介していきます。

第1位 M&S


見事ランキング1位に輝いたのは「M&S」です!

M&Sは2016年に設立され、国内では数少ない独立系ファンドです。歴史は浅いですが、彼らが注目される最大の理由は「過去の運用実績」

直近の成績を見ると2016年は約45%、2017年は27.06%と高利回りを記録しているのです!これぞヘッジファンドという感じがしますよね!

その他にもM&Sは情報を積極的に開示しているので、とても信頼のおけるヘッジファンドであります。

以上を踏まえると、ヘッジファンドへの投資を始める際にはまずこの「M&S」から検討するのがベストですよね。

ちなみに今回はランキング紹介をメインとしているのでこれ以上の詳細は割愛させていただきます。「もっとM&Sについて知りたい!」という方は以下をご覧ください。

⇒ 詳細情報はこちら!

第2位 アズカルアセットマネジメント


続いて第2位にランクインしたのは「アズカルアセットマネジメント株式会社」です。

このヘッジファンドは2005年に設立され、少数の金融プロのより運営されています。彼らもまた魅力的な投資先であり、日本株の運用に強みを持っています。

事実、彼らの商品の中には、リーマンショックが起きた2008年に22%、2009年に60%の利回りを記録しているものもあります!これは期待できますよね!

このアズカルアセットマネジメントについてもっと知りたいという方はこちら。

⇒ 詳しい情報はこちら!

第3位 BMキャピタル


最後にランキング第3位は「BMキャピタル」です。

このヘッジファンドの特徴は若きエリート集団から構成されている点で、東大・京大卒や外資系投資銀行出身の方がほとんどです。

そして何よりも驚きなのは「運用開始以来、損失を出したことがない」点です。徹底した銘柄分析のもと、彼らは常に二ケタ台の利回りを継続しているのです。

こちらのヘッジファンドについても以下のページにより詳細な情報を載せていますので、ぜひ参考にしてください!

⇒ 詳細情報・評判等はこちら!

いかがでしたか?どのヘッジファンドに投資するか決まりましたか?

「これからヘッジファンド投資を始めたい!」という方は、まずこの3つのファンドから検討すると良いでしょう!

ちなみに管理人のおすすめはもちろん「M&S」です!運用実績や信頼性においては文句なしでしょう。

ではそもそもヘッジファンドを選ぶにあたってみるべきポイントとは何でしょうか?その5つのポイントを次に見ていきましょう。

ファンドを選ぶ時に見るべき5つのポイントとは?


ヘッジファンドを選ぶ際には、以下の5つのポイントを見ると良いでしょう!

①最低資金額
②手数料
③運用手法
④過去の実績
⑤情報の透明性

先ほどのランキングもこちらの5つのポイントに基づいて厳選しています。では具体的に各ポイントの内容を見ていきましょう!

最低資金額

まず何といっても投資するにあたって気になるのはお金ですよね。ヘッジファンド投資となると通常の株式投資などと比べ、最低資金は比較的高いです。

では気になる最低資金額はというと「1億円~数億円」と言われています。ただこの最低資金額は各ファンドにより大きく異なります。

例えばランキング1位のM&Sは最低資金額を数百万~数千万円に設定しているので、個人投資家も投資可能となります。

このようにファンドによって金額は異なりますので、投資する前に一度問い合わせてみると良いでしょう。

手数料

続いて手数料についてですが、ヘッジファンド投資にかかる手数料は主に、購入時にかかる「残高手数料」と保有時にかかる「成功報酬」の2つです。

そしてこれらの手数料率はそれぞれ「2%・20%」と言われています。ただこの数字についても各ヘッジファンドで若干の差がありますので、投資前にぜひ確認すると良いでしょう。

運用手法

運用手法というのは「どのような投資を行っているか」を意味します。先ほど紹介したヘッジファンドの運用手法は、いずれも「日本株の運用」となります。

そしてこの項目で注意すべきことは「今後の相場動向に適した手法であるか」という点です。

例えば2017年でいうと株式市場が好調だったので、株式運用のヘッジファンドに投資することは正解だったでしょう。ただ一方で債券や為替のヘッジファンドですと望ましい結果は得られなかったと思います。

このように投資先のヘッジファンドがどのような手法を使っているのかもまた重要ポイントですので、しっかり確認しましょう!

ここまで述べてきた3つのポイントはヘッジファンド投資の中でも特に重要となるポイントです。さらに詳しく知りたいという方は以下のページを参照すると良いでしょう!

⇒ より詳細なヘッジファンドに関する情報はこちら

過去の実績

これは文字通り「過去にどれだけの成績を残しているか」というポイントです。投資をするにあたってどれだけ儲けられるかはやはり気になりますよね。

先ほどのランキングでいうと、M&Sはこの項目で最高評価と言えるでしょう。過去5年の運用成績は平均45.7%とずば抜けています!

そして運用実績はファンドマネージャーの力量に大きく左右されます。そのため投資先のヘッジファンドマネージャーの経歴なども参考にすると良いでしょう!

ちなみに世界の超一流ヘッジファンドマネージャーについてもランキング形式で紹介していますので、気になる方はこちら。

⇒ マネージャーの素性や経歴はこちら

情報の透明性

最後のポイントは「情報の透明性」です。投資家向けに情報を開示しているかどうかがこのポイントに当たります。

基本的にヘッジファンドは情報を積極的に開示する義務がありません。そのため投資家側から求めない限り、十分な情報は得られません。

情報が不十分なまま投資を行うのは危険ですよね。なので投資先のヘッジファンドが情報をきちんと開示しているのかどうかも確認すべきポイントとなります。

以上がヘッジファンドを選ぶ際にチェックすべきポイントとなります。ぜひ参考にしてみてください。

では最後にもう一度国内のヘッジファンドランキングを振り返りましょう!

おすすめのファンドを総まとめ!

ここまで国内のおすすめヘッジファンドランキング、またヘッジファンドを選ぶ5つの基準について見てきました。

改めてランキングを振り返ると以下の通りです。

1位:M&S

2位:アズカルアセットマネジメント

3位:BMキャピタル

この3つのヘッジファンドであればまず間違いないでしょう!ちなみに管理人は1位の「M&S」がイチ押しです!

これからヘッジファンドに投資しようと考えている方は、一度問い合わせてみると良いでしょう。管理人もこれからM&Sに投資しようと思います!笑